昭和の忘れ物 2.コカコーラ
始めてコーラーという飲み物を口にしたのは、たぶん中学一、二年生の頃だったと思う。
薬品臭くて、のどにツーンとくる刺激は決して心地よいものではなかったが、
ちょっと大人になった感じと「へえ〜、アメリカ人はこんなものを飲むのか」というもの珍しさが相まって、
初めて見る自販機の前でたむろしていたのを思い出す。

飲料水として戦前からあったが、一般に自販機が街角に出始めたのは、昭和35年頃からといわれている。
30円を投入して、ボタンを押すと現在のような缶ではなく、
あの独特の形をした瓶が「ガラガラ」と恐ろしく大きな音をたてて転がり出てくる。
そして正面に付いている栓抜きに、キャップの部分を引っ掛けて下に引っ張ると栓が抜ける。
その時、あまり力を入れると、「ショーワッ」と液体があふれ出る。
琥珀色した大事な液体がこぼれる、これはもったいない。急いで口に付け、
ひと飲みすると鼻の奥に刺激が走りむせ返る。今でも、コカコーラを目にすると
必ずこの光景がよみがえる。
さて、コカコーラには「甘口と辛口があった」という謎、御存じであろうか。
| - | 09:47 | comments(0) | - | - | - |
昭和の忘れ物。  1牛乳箱

梅雨の晴れ間、緑の背景に溶け込むように存在する宅配用牛乳箱。
正式にこの箱を「牛乳箱」と呼ぶのか、知らないが…。

学校給食は昭和27年、全国的に始まった。
昭和31年「米国余剰農産物に関する日米協定等」の調印により、
学校給食用として小麦粉10万トン、ミルク7,500トンの贈与が決定される。
アメリカの余剰農産物で、戦後生まれの我々は空腹を満たす。
コッペパンとアルマイト容器に入った、脱脂ミルク…。
教室には、生徒が50名以上おり、配膳が終わった頃にはミルクは冷えていて
とても飲みづらい。臭いが厭だと鼻を押さえて飲む人や、黙って残す人…。
私は黙って飲んでおりました、結構おいしかったようで。



で、そんな不評な脱脂ミルクが、瓶詰の牛乳になるのが、昭和45年ごろ。
その頃から、栄養一杯の牛乳は競って各家に配られるようになる。
玄関先にある、真新しい牛乳箱はちょっとしたステータスであった。

緑で飾られたこの一枚。名画を観るようである。

| - | 09:55 | comments(0) | - | - | - |
もうすぐ巣立ち?
 ちょっと太目のつばめの赤ちゃん。部屋が狭いのか過密状態。
十分に餌を与えられて、丸々と太った3匹の赤ちゃん
準備は万端というところか。

がんばって、巣立ってくださいと願うばかり……。

| - | 00:07 | comments(0) | - | - | - |
お花畑?
 ご近所の駐車場。
一瞬お花畑を思わすペットボトル群……。

花を意識したか、本当に猫嫌いのなせる業か!
どちらでしょうかね。

願わくば、前者であって欲しいと思う。

| - | 22:33 | comments(0) | - | - | - |
ウへ〜、アマゾン……。
 拙著「大津百町我儘百景」が900円で売りに。
これから出てくる中古書市場、買いまくるのが正解か。
リサイクル市場で、有意義に活用されるのを見守るべきかそれが問題だ。

| - | 19:05 | comments(0) | - | - | - |
近江上布じゃ。
室町時代から、近江(滋賀県)は麻織物の一大生産地であった。
その流れを継ぐ「新之助上布」 の展示会が、大津市の小関町の「ながらの座・座」であった。(かって三井寺の正蔵坊という坊舎)
大西新之助商店当主、大西實氏は伝統工芸士として、近江上布という絶滅危惧種(氏いわく)の技術継承に孤軍奮闘されている。

私と、大西さんとの関係はもう十五年以上になるだろうか。
私がしたことは、ブランドイメージの確立ということで「新之助上布」というネーミングを
考えたことと、「新之助上布」のホームページの表紙を作っただけ……。
まだまだ元気で、はた織機に向かっておられる氏に久しぶりに熱いものを感じた。





「新之助上布」のホームページ
  • 大西新之助商店 からお入りください。
  • | - | 15:35 | comments(0) | - | - | - |
    やさしい窓発見!
     旧大津市内、こんな窓発見。昭和初期の作か。
    ちょっと奥まった路
    地の先にあった。
    左右対称ではあるが、ちょっとあぶないバランスが見事?
    普段あまり通らない筋だけに、超!驚きの発見。

    | - | 09:08 | comments(0) | - | - | - |
    ちょとした問題です。
    これは京阪石坂線にある踏み切り。
     結構、おしゃれで、雰囲気のある踏み切りの名称。
    ではこのこの写真、どの辺にあでしょうか?

    ?坂本〜穴太あたり、?膳所本町〜中ノ庄あたり、?瓦が浜〜粟津あたり


    | - | 09:32 | comments(0) | - | - | - |
    本日、12日の毎日新聞
     毎日新聞滋賀版「支局長からの手紙」欄で
    拙著「大津百町我儘百景」が紹介されました。
    ちょいと、にやけた写真ですが、
    背景の緑がきれいな、とても良い写真に上がっています。
    で、紹介の文章も、分かりやすくていねで、表現の柔らかい
    実に温かみのある文章です。

    この本も、人の営みや、歴史に彩られた町の様子など
    低い目線で紹介しているつもりです。
    まだ、本屋さんには平積みの状態で売られています。
    まだお求め得ない方、ぜひご近所の本屋さんまで足を運んでください。
    本屋さんにない場合はネット通販「アマゾン」などでお求めください。



    | - | 18:56 | comments(0) | - | - | - |
    60円の自販機見つけました。
     ゴールデンウイーク前半
    長女が嫁いでいる大阪は旭区・千林方面へ行ってきました。
    あの有名な?千林商店街は、やはり見所一杯。
    「大阪の下町」を絵に描いたような賑わい。
    で、商店街の端の方に、こんな自販機見つけました。


    | - | 19:55 | comments(0) | - | - | - |
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + 最近のコラム
    + 最近のコメント
    + カテゴリー
    + MOBILE
    qrcode
    + リンク
    + OTHERS
    + アーカイブ
    このページの先頭へ